私はヒトプラセンタジェル(プラセントレックス)は、アトピー性皮膚炎の症状に、ある一定の効果はあると思います。

私のアトピーの体験談

私は小学生のころアトピー性皮膚炎と診断されました。現在、アトピーという言葉は日常的に使われています。おそらくこの言葉を聞いたことがない人はいないくらい、ある意味有名になりました。
ですが、私がこどもの頃は、「アトピー?何それ?」と言われました。湿しんや発疹と同じものとして扱われたり、肌荒れのひどいパターン、くらいに思われることもありました。

アトピーの種類

アトピーにも色々あって、患部がジュクジュクと湿り気をおびて、かきむしった傷口からネバネバとした汁がでてくる場合。
逆に、乾燥の度合いがあまりにひどくて、肌のバリア機能が失われ、クリームを塗っても塗っても乾燥が治らず、かゆみが出る場合。どちらも不快で、本人は大変苦しいものです。

私のヒトプラセンタジェルの使い方

私の場合は、ジュクジュクではなく、ひどい乾燥でかゆみが出るパターンです。夜、お風呂上りのときだけ、ヒトプラセンタジェルを使用します。他の保湿クリームでは足りない保湿機能をおぎなうために活用している状況です。
もしかしたら、ヒトプラセンタジェルでなくても、他の高保湿、または濃密なタイプのクリームなどを使用しても、充分保湿ができるのかもしれません。それは、試していないので正直私にはわかりません。
ただ、私の場合、たとえば旅行先で置かれているアメニティの乳液などを使うと、違和感やかゆみが出るので、基本使用しません。同行した家族や友人は、充分そのアメニティで満足しています。つまり、私はそれほど肌が弱く敏感です。
そんな私の肌が、ヒトプラセンタジェルでは刺激を感じたことがないわけです。アトピーの原因のひとつともいわれる、乾燥の進行を防ぎ、うるおいを与え、かゆみを抑えてくれているのです。他の保湿剤も使いますが、それだけでは少し物足りないな、という感覚を、確実におぎなってくれているのです。
これらのことから、ヒトプラセンタジェルは、アトピー性皮膚炎にある一定の効果があるのではないかと、私は考えています。
ただ、前述しましたジュクジュクタイプのアトピー症状にたいしては、使用した経験がないので、効果があるかどうか、私には残念ながら意見できません。
ヒトプラセンタジェルの効果は、私の実感では、とにかく保湿にすぐれているということです。カサカサ肌は、冬になると、多くの人が経験すると思いますが、アトピーの乾燥はその比ではありません。それにうるおいを与えてくれる存在だと、私は思っています。